海部津島JCの紹介

一般社団法人 海部津島青年会議所について

1963年、社団法人一宮青年会議所をスポンサーとして、56名のこのまちを愛する青年により、津島青年会議所が創立されました。全国で、243番目の青年会議所として、この地に産声をあげたのです。メンバーの輪は、海部津島地域一円へと広がり、1978年に社団法人格を取得しました。1991年には、海部津島広域行政区での活動を踏まえ「社団法人津島青年会議所」から「社団法人海部津島青年会議所」へと名称変更を行いました。私たちの活動は、津島市のみならず、愛西市・弥富市・海部郡を含め、経済・社会及び文化等の向上をはかり、地域社会の発展及び国際親善に寄与することを目的に、明るい豊かなまちをつくることで恒久的な世界平和の実現を目指しています。
「この地域・日本・世界をより暮らしやすい世の中にしたい」という志を持った20歳~40歳までの青年で組織する団体です。

名称
一般社団法人 海部津島青年会議所
設立
昭和38年(1963年)4月10日
チャーターナイト
昭和38年(1963年)6月27日
名称変更
平成3年(1991年)4月20日
認証番号
243
スポンサー
社団法人 一宮青年会議所
事務局
  • 愛知県津島市立込町4丁目144番地 〒496-0044
  • 電話 (0567)25-7812
  • FAX (0567)25-7820

54年間のあゆみ

理事長名 主事業
1963 (故)山田 諦 認承証伝達式
1964 2 (故)山田 貞一 世界児童画交換作品展示
1965 3 (故)吉原 久夫 中学生対象に感想文”私の家庭”を募集
1966 4 山本 鐡彦 第1回小・中学生写生大会文化講演会
1967 5 安達 勝夫 働く青少年との座談会
1968 6 丹下 周雄 創立5周年記念式典
1969 7 児玉 昭 “交通遺児を救おう街頭討論会
1970 8 (故)伊藤 敏男 市民意識調査をもとに市当局と分析討論会
1971 9 (故)佐藤 松雄 広域行政懇談会
1972 10 (故)柴田 錦一 野外ステージによる大音楽会
1973 11 江上 弘 創立10周年記念式典
1974 12 浅野 長久 グリーン津島推進
1975 13 余郷 利彦 津島グリーンまつりと植樹
1976 14 梶浦 興蔵 草の根文化運動の展開
1977 15 山本 鋼蔵 グリーングリーン運動の推進
1978 16 小澤 里史 創立15周年記念事業および社団法人化
1979 17 清水 裕之 心身障害者のための
チャリティコンサート
1980 18 太田 貴章 青少年非行化防止運動
1981 19 (故)佐々木 武宏 青少年非行シンポジウム
1982 20 住田 正幸 がき大将フェスティバル
1983 21 河村 明 創立20周年記念式典愛知ブロック会員大会主管
1984 22 鈴木 吉男 薪能 三つのふれあい
1985 23 佐藤 博次 10年後の海部津島シンポジウム
1986 24 伊藤 憲一 ふれあい’86
1987 25 佐藤 敬治 100%例会 親と子のふれあい
1988 26 橋本 久男 創立25周年記念式典 西大田JC友好JC締結
1989 27 遠山 康孝 ON THE WING 30万
1990 28 宇佐美 三郎 親子自然体験隊’90
1991 29 伊藤 哲朗 ふれあいリバーサイド物語
1992 30 伊藤 文郎 創立30周年記念式典
ナマズイキイキフリーマーケット
1993 31 堀江 一昭 夢の創造
1994 32 瀬尾 和繁 人と地域に「共生・交流・連帯」を
1995 33 猪飼 充利 再発見―地域の誇りとやさしさと”新生”海部津島
1996 34 山田 勝弘 ’96夏祭りWA!まち ひと こころ
1997 35 田中 正明 創立35周年記念式典及び記念事業
絆‐であい、ふれあい、たすけあい‐
1998 36 松長 浩二 みんなでつくろうやさしいまち
はじめの一歩を踏み出そう!勇気をもって
1999 37 近藤 博之 海部津島市民フォーラム
2000 38 伊藤 基 舞い響け海部津島エキサイティングダンスフェスタ2000
2001 39 松本 浩義 新世紀夏祭りin海部津島
2002 40 加東 育郎 創立40周年記念式典
舞え!はばたけ!ぼくらの夢
2003 41 余郷 達也 みんなでつくろう じぶんいろのまち
2004 42 八谷 潤一 おもいっきり体験 海部津島
2005 43 古川 弘之助 うねりから躍動へ – 好きから始まるまちづくり
2006 44 加藤 秀人 夢に向かってチャレンジtoチャレンジ「海部津島・愛」
2007 45 江上 功 創立45周年記念式典及び記念事業 心Renaissance(ルネッサンス)~美しい海部地域へ~
2008 46 加賀 崇三 あまつり!「和」
2009 47 吉田 康裕 あま博 ~ふれあいから絆へ~
2010 48 伊藤 圭樹 海部を喰らう 地産祭 みんなで感じる「郷土の宝」
2011 49 横井 忠 故郷を照らせ ~海部の川からの贈り物~
2012 50 山﨑 拓史 ENISHIを重ねて ~つむげ!未来への絆~
2013 51 青山 巧 第46回愛知ブロック大会記念事業「地域活性!楽市・楽座」
2014 52 加藤 智也 あまつしま J-1グランプリ ~あまつしマックス決めマックス~
2015 53 佐藤 亮治
2016 54 篠田 正洋

設立趣意書

設 立 趣 意 書

社団法人 津島青年会議所

津島青年会議所は、昭和38年創立以来15年を過ぎ、会員数も95名を数え、全国にある青年会議所でも古い歴史をもつ青年会議所となりました。
当青年会議所の構成員は、入会、卒業を繰り返し、構成員個々は毎年変化しているが、その社会的活動は、綱領と三原則(修練、奉仕、友情)に基づき、地域社会の発展に貢献するべき諸活動を継続しております。このように成長した私達の青年会議所としての活動は、会員各自の個人的活動とは離れ、社会的な責任を自覚し、明かるい豊かな地域社会を築き上げようとする、同一目的に向けられた人の集団としての活動であります。そして青年会議所の活動は、最高機関の総会で役員の選任、事業計画、事業予算を定め、担当委員会にその具体的事業の企画・立案をさせ、理事会で具体的な事業の討議と運営を行い、全会員が一つの団体としての事業を実施するもので、実質的には既に「社団」という実体をもっております。
私達青年会議所が行っている事業は、単に会員の親睦、相互の研究というものにとどまらず、献血運動、緑化推進運動、小中学生の写生大会、勤労少年との討論会、交通安全の推進事業、地域青年を対象とした洋上セミナー、国際親善のための諸運動を通じ、地域社会の向上、発展に寄与してきました。
このように私達青年会議所が行ってきた公益事業を定着させ、地域住民と共に一層の発展を期するために、経済・社会及び文化に関する開発事業、社会福祉及び環境改善に関する事業を更に積極的に行い、地域社会の経済・社会及び文化の発展に寄与すると共に、津島青年会議所を民主的な機構で永続的に運営するために、ここに公益法人の設立を願うものです。

各種分科団体

分科団体活動の様子

分科団体活動の様子

じゃがいもクラブ
ゴルフを通じてOBと現役メンバーの交流の場として設けられました。全国大会も開催いたします。
フィッシングクラブ
家族ぐるみで魚釣りや地曳網を行い親睦を深めています。
スノークラブ
家族ぐるみで会員相互の親睦を密にし、冬季におけるスノースポーツにいそしみ会員の健康に努め、併せて青年会議所活動への参画・協力を惜しみなく行い明るい豊かな社会の建設の一助となることを目的としています。
ファッション部会
夫人のつどい
ライダーズクラブ
ソフトボールクラブ