理事長挨拶

第58代理事長 浅井治行

新年明けましておめでとうございます。私は一般社団法人海部津島青年会議所第58代理事長を努めます浅井治行と申します。平素より一般社団法人海部津島青年会議所に格別のご高配賜り深く感謝申し上げます。

海部津島青年会議所は全国で243番目の青年会議所として誕生し、57年の長きにわたり地域の発展のため、その時代における課題に真摯に向き合い解決のために挑戦を続けてきました。その不断の歩みがあり、今の私たちがあります。私たちは先輩諸兄に感謝するとともに、その志を受け継ぎ時代と向き合い挑戦を続けていく覚悟でございます。

私たちは今、激動の時代にいます。インターネットの普及や人工知能(AI)、Internet of Things(IoT)などのビッグデータを活用した技術革新、多様化する価値観、Society5.0の到来など私たちを取り巻く環境は大きな変化を迎えようとしています。そのような変化の時代だからこそ、これからの時代を生き抜く子供たちへの新たな教育が必要です。2020年度は、まちづくりは人づくりであると捉え、海部津島の未来を担う子供たちへの次世代教育の推進を最大の運動発信としてまいります。

また、青年会議所を取り巻く環境も大きく変化しています。海部津島青年会議所も例に漏れずその変化の荒波に飲まれようとしています。会員数の減少、在籍年数の減少からくる経験値の低下など組織としての力が弱まっている現状があります。数ある団体の中で、その存在感も薄れているように見えるかもしれません。しかし、自らに修練を課し、仲間との切磋琢磨を通して友情を深め、地域の未来のために邁進する、そんな青年たちが集うのは青年会議所をおいて他にはありません。この荒波をチャンスと捉え、大きく飛躍するための一年としてまいります。

この海部津島青年会議所が、これからも地域のために活躍する魅力ある組織として、そしてこの海部津島地域が光輝く地域として続いていくために、2020年度の理事長として全力で駆け抜けてまいります。一年間どうぞよろしくお願い申し上げます。


一般社団法人海部津島青年会議所
第58代理事長 浅井治行


游原実光